MNApp

通帳型の読書記録で貯金するように楽しく本の管理ができるアプリ「レコドク」

「レコドク(レコーディング読書の略)」は、読んだ本の履歴を銀行の預金通帳のように記録管理できるアプリです。

本のタイトルや日付をはじめ、本の価格や評価、読書ステータス(既読/読書中/未読)や区分(自費購入/図書館/借り物/その他)などがひと目で確認でき、本を貯金するように楽しく記録ができるようになっています。

また、本ごとに要約を文字で記録したり、図やグラフ、本に記載したメモなどを画像で保存できるようになっています。保存した要約や画像はカテゴリごとにまとめられ、一括して読み返すことも可能になっています。

読書の記録管理を効率化したい人におすすめのアプリとなっています。

アプリの使い方/機能

本を追加する場合、画面右上の「+」アイコンをタップします。本の追加画面に遷移するので、「タイトル」「日付」「カテゴリ」「価格」「ページ」「著者」「出版社」「読書ステータス」「評価」「区分」などの各項目を入力していきます。

図書館など借りた本の返却忘れを防止するための返却期限を通知することも可能となっています。入力が完了すると保存出来るようになります。入力が完了して「保存」アイコンをタップすると一覧画面に追加保存されます。

一覧画面(記録)では本の情報はひと目で確認できるようになっています。銀行通帳のように金額など表示されます。表示フォーマットは「日付別」の他にも、「カテゴリ別」が選択できるので好みに合わせて変更できます。

要約や画像の保存については、本を追加した後に一覧から該当する本をタップすると「要約」および「画像」などのメニューが表示されるようになります。文字でメモを残したい場合は「要約」、図やグラフ、本に記載したメモなどを写真で残したい場合は「画像」を活用すると便利です。

 

保存された「要約」や「画像」については、カテゴリ毎にまとめられます。要約や画像などをまとめて確認したいときに便利です。

基本的に一度読み終わった本は、よほどの良書でない限りはじめから読み返す必要はありません。自分に必要な箇所を厳選して、繰り返し読み返すことで効率よく知識を定着させることが可能です。

 

その他にも、カレンダーにて読書記録を確認できたり、「合計冊数」「合計価格」「総ページ数」「総要約数」などを確認できるアーカイブ機能もあります。

ぜひ、レコドクを使って読書の記録管理を効率化してみて下さい。

アプリ機能まとめ

レコドクの機能をざっくりとまとめると以下のようなものが挙げられます。

  • 本の表示は「カテゴリ別」又は「日付別」で表示の切り替えが可能
  • 読書後の評価を一覧で簡単に確認できる
  • 読書ステータス(既読、読書中、未読)を一覧で確認できる
  • 返却する必要がある本は、アラート通知機能で返却忘れを防止
  • 本の要約を記録保存できる
  • 本のメモや図表などを画像で保存できる
  • 保存した要約やメモ画像はカテゴリ毎にまとめて確認できる
  • カレンダーでもいつどの本を読んだか確認できる
  • 「合計冊数」や「合計価格」「総ページ数」など統計情報も充実

アプリのアップデート履歴(Since 2019年6月)

1.0 2019/6/24

・アプリを新規リリース

1.1 2019/10/23

・iOS 13に対応
・軽微な不具合の修正
・内部処理の一部を変更

URL :
TRACKBACK URL :

この記事にコメントする

*
*
* (公開されません)

Comment on Facebook

Return Top